カーボンオフセット

印刷物のCO2を差し引きゼロにします

印刷物も、製作の際にエネルギーを消費することでCO2を排出します。これによる環境負荷を軽減する方法として、CO2排出権を活用したカーボンオフセットがあります。排出したCO2を排出権で相殺(オフセット)できるため、実質的に「CO2ゼロ」の印刷物がお作りいただけます。

carbon-top

印刷物のライフサイクル全体にわたり、CO2排出量を算定します

用紙、インキ、印刷版など原材料の製造から、印刷、製本・加工、使用後の廃棄、そしてリサイクルに至るまで。文星閣のカーボンオフセットは、ライフサイクルアセスメント(Life Cycle Assessment, LCA)による環境影響評価をもとに、印刷物が「一生」にわたって排出するCO2の量をPGG*により算定し、これを相殺します。
*一般社団法人日本WPA(日本水なし印刷協会)のLCA算定ソフト「Printing Goes Green」

cfp-flow

国内排出権でオフセットします

原材料を見直し、製造工程を改善しても、印刷物製造に伴うCO2をゼロにすることはできません。それでも排出されてしまうCO2は、ほかで行われたCO2排出削減事業などで生じた排出権を購入し、相殺(カーボンオフセット)することができます。文星閣のカーボンオフセットでは、「一般社団法人日本WPA(日本水なし印刷協会)がカーボンオフセットプロバイダー「カーボンフリーコンサルティング株式会社」を通して購入する排出権を使います。これは国が認証する国内クレジット制度(国内排出削減量認証制度)による排出権であり、具体的には経済産業省の委託事業「地域活性化支援プログラム」から生まれたものです。

cfp-flow

国内の環境と経済に貢献が可能

carbon02
国内クレジット制度は、京都議定書の目標達成に向け、政府が決めた各種施策の軸となる取り組みです。この制度の排出権を使ってカーボンオフセットを行うことは、国内のCO2削減事業への支援になります。また、カーボンオフセット費用が国内に還流されるため、環境面だけでなく、経済や地域活性の面でもメリットがあります。カーボンオフセットを行った印刷物には、マークや説明文を表示することができます。

 

日本の環境改善に役立つ「グリーン電力」もおすすめしています

carbon02
太陽光、風力、バイオマス(生物資源)、地熱、水力など、自然エネルギーによって国内で発電される「グリーン電力」は、多量のCO2を排出する化石燃料や原子力による電力と違い、地球環境にやさしい電力です。印刷に使う電力をこの「グリーン電力」にオフセットすることで、購入代金を日本の環境改善に役立てることができます。